顔のシミを意識した洗顔を心がける

Sponsored Link

ためしてガッテン 顔のシミの記事でご紹介しましたが、日常生活におけるシミの原因は、紫外線の他に「摩擦」が考えられるということです。

その摩擦が心配されるスキンケアの一つが洗顔です。

0942f721decdf4a4075c3c395981c9e6_s

洗顔は、肌の潤い成分を洗い流してしまう危険のあるものですが、もう一つ、肌に摩擦を生じてしまう危険のあるものでもあるのです。

 

最近では泡洗顔が主流で、ゴシゴシ洗ってはいけないことを多くの人が知っていますが、とある皮膚科の先生に言わせると、ゴシゴシではなくても手で擦ること自体が肌に刺激となるのでNGだそうです(>_<)

あくまでも手は触れるか触れないかくらいの力加減の方がいいと。

 

泡洗顔は、必ずしっかりと洗顔料を泡立てた上で、その泡に毛穴汚れを吸着させて落とすように優しく洗わなければいけませんね。
それくらい神経を使ってちょうどよいくらいデリケートなものだそうです(^^;)

 

しかし、一方で洗顔は、くすみを取り除くためにも、毛穴汚れや不要な角質をきちんと取り除かなければいけません。
毛穴汚れのないキメの整った肌こそ透明感が生まれますもんね。

 

また、こうして不要な角質をキレイにオフしていくことで毛穴はキレイになり、そこから化粧水や美容液の栄養成分が浸透していくことになります。

 

このように、洗顔は活き活きとした肌を育むためにとても重要なスキンケアということですね。
きちんとした洗顔を行なっていれば、肌のトーンは明るく透明感を増していくかもしれません(*^-^*)

スポンサードリンク

コメントを残す