顔のシミを消す美白成分はハイドロキノンが一番!

Sponsored Link

お化粧品を買いに行くと「美白」というコーナーにずらっと並んだお化粧品。
どれを買ったらいいのか迷うことはありませんか?

 

たくさんの美白化粧品があるだけに、世の中には美白成分と呼ばれるものも数々あります。
ビタミンCやビタミンE、アルブチン、トラネキサム酸、ルシノール、コウジ酸、プラセンタエキス・・・

 

でも、もっと詳しく美白成分を分類すると「シミを作らないように予防する美白成分」と「今あるシミを改善してくれる美白成分」に分けられます。
そして、ほとんどの美白成分が前者の予防的美白成分なんですね。

 

なので、今あるシミを消したい私にとってみれば、効果が期待できるのは後者の「今あるシミを改善してくれる美白成分」でなければいけないんです(^^;)

その代表的な美白成分が「ハイドロキノン」。

 

このハイドロキノンは、美白成分の名前ですが、「ハイドロキノンクリーム」として販売されてもいます。
それくらい顔のシミを何とかしたい場合には必須の成分であり、顔のシミを消す美白成分としては一番効果が期待できるものなんです( `ー´)ノ
stockfoto_76879187_S22

ただ、このハイドロキノンは効果も高いけれどかなり刺激の強い成分でもあるため、濃度の濃いクリームは医師の処方が必要になります。

また市販されているクリームは1~4%のものなのですが、4%以上のものを使用するにはいくつかの注意事項を守らなければ、違った肌トラブルを招くことになってしまいます(>_<)

その注意事項とは、

紫外線対策を行なうこと
ハイドロキノンは紫外線を浴びると逆にシミを濃くする性質がある成分なので、塗るならば日焼け止めを併用する必要があります。
より用心するならば、夜の就寝前に塗るだけにした方がいいかも知れません。

 
使用期限を守ること
ハイドロキノンは非常に酸化しやすい物質なので、開封後に長期間放置すると劣化してしまいます。
酸化したものを使用しても効果が出ない可能性が高いので、使用期限内で使うようにしましょう。

 
シミ部分以外には塗らないこと
濃度の低い場合は問題ありませんが、5%以上のハイドロキノンクリームをぬる場合は、シミ以外の部分に塗ると「白斑」といわれる白抜けした皮膚になってしまう可能性があります。

故に塗るときは綿棒を使うなどして、シミ部分だけに塗布するように気をつけましょう。

 

こう聞くと、ハイドロキノンは結構劇薬なんだな・・・と思いますよね(^^;)

私も実は、肌があまり強くないので、高濃度のハイドロキノンは怖くて使えないんです。。。

 

いくらシミを消したいとはいっても、白斑などのトラブルは困るので、ハイドロキノンを使うときは、そのままのクリームではなく、厚労省に定められた安全な濃度内で配合された化粧品で使用しています。

P1010409

それでも十分効果は期待できますから(#^.^#)
まずは安全なことが第一ですよね!

肌に安全なおすすめ粧品→365日返金保証!ハイドロキノン配合ホワイトケアトライアル

コメントを残す