顔のシミに効果的な食べ物を食べよう

Sponsored Link

いよいよ本格的に顔のシミをケアしたい季節になりましたが、今シミに悩んでいて、なにか始めようとしている方、化粧品も有効な手段ですが、それにプラスして、体の内側からもシミの対策をしてみませんか(*^-^*)

 

シミに対する体の中と外からのWアタックは効果的ですよ♪

これはシミの問題だけではないのですが、普段食べる食事を意識するだけで肌自体の調子も良くなります。

 

で、シミといえばビタミンCが代表的なので、そちらを食品で取ろうと心がける人は多いのですが、今私が意識して取り入れようとしている食材は「鮭」なんです(#^.^#)

55295b8f3578fee5d4fe812c5d567c19_s

一見意外な感じもしますが、鮭って実は、シミを防いで美肌も手に入れることができる、とても頼りになる食べ物なんです。

 

というのも、シミは、肌が「酸化」するとどんどん増えていきます。
酸化とは「細胞の老化現象」のこと。
シミだけでなく、しわやたるみの原因にもなるものなんです。

 

紫外線や肌への強い刺激、不規則な生活やストレスで細胞は酸化しやすくなります。
細胞が酸化して傷つくと、肌に悪影響を及ぼすだけでなく、ガンや他の病気にもなりやすくなります。まさに体にとって大敵ですね。

 

この困った「酸化」を防いでくれる頼りになる食べ物が「鮭」なのです。
鮭には「アスタキサンチン」という成分が多く含まれています。

 

このアスタキサンチンは、同じく「酸化」を防いでくれるビタミンEに比べて、効果はなんとその数100倍~1000倍ともいわれてるんです(゚д゚)!

アスタキサンチンは、鮭の他にエビやいくら、カニにも多く含まれているようですね。

 

また、アスタキサンチンはお化粧品で言うなら、富士フィルムの「アスタリフト」に含まれています。

P1010299

このシリーズは、まさにアスタキサンチンの濃いオレンジ色をしているんですよ♪
それに、富士フィルムは高い写真技術を生かして、成分をナノ化しているので、他の化粧品に比べて浸透力が優れているんです。

 

アスタキサンチンを外側と内側から取り入れて、シミのないきれいな肌と健康を手にいれませんか(*^-^*)

コメントを残す