顔のシミ取りクリームといえば・・・

Sponsored Link

顔のシミ取りクリームといえば「ハイドロキノン」「トレイノチン」です。

 

以前、「あさイチ」というNHKの朝の情報番組でも取り上げられたことがあるのですが、この2つはセットで用いられることが多く、高い効果が期待できるクリームでもあります。

 

ハイドロキノンについて
ハイドロキノンは「肌の漂白剤」とよばれる医薬成分です。
市販の美白クリーム(化粧品)に、濃度は低いですが配合されているものもあります。

 

但し、刺激の強い成分であるため、高濃度なものはクリニックや美容皮膚科で処方してもらわなければ手に入りません。

ハイドロキノンはシミのもとメラニンがつくられるのを阻止してくれたり、既に蓄積してしまったメラニンを淡色化してくれたりします。

 

しかし濃度が高ければ高い効果が期待できる反面、副作用のでる可能性も高くなります。
ハイドロキノンはここが問題なんですよね。。。

肌の弱い人だと赤みや痒みのでることがあるようなので、少しでも不安があれば専門医やクリニックに相談しながら使用するとよいでしょう。

 
トレチノインについて
一方、トレチノインは、ビタミンAが肌に浸透しやすいようにしたクリームです。
肌の代謝を促す効果があるため、シミやニキビの治療に用いられることが多いですね。

 

お肌の再生を促してくれ、潤いやハリ、弾力を改善することができます。
シミの改善に関しては、単独ではなくて、ハイドロキノンと併用して使われています。

 

ただし、こちらも刺激性が強いので市販では売られていません。

使用後に皮膚が赤くなったり剥がれたりする反応がでるようですが、この刺激反応を乗りこえることでシミが薄くなっていくといわれています。

 

私自身は肌が強くないので、ちょっと使う予定はありませんが、「肌は弱くないよという方は、効果的なこの2つを検討してみてはいかがでしょうか(*^-^*)

コメントを残す