美容皮膚科のレーザー治療でしか得られない真皮層の修復効果

Sponsored Link

炎症性の大きな痛いニキビが出来てしまい、肌が凸凹とした跡になってしまったことありませんか?

私は1か所鼻の付け根あたりにあるのですが(^^;)
こういったニキビ跡は、そのまま放置しても自然に治ることはありません。

 

というのも、そういったニキビは、肌の表面(真皮)だけでなく、もっと奥深い真皮層やその更に奥まで炎症が広がってダメージを受けてしまったからです(>_<)

真皮層以下の皮下組織は、自己修復することが出来ないため、コラーゲンが減って凹んでしまった部分は、クレーターのように残ってしまうのです。。。

こうなってしまった場合、いくら上から化粧品を塗ってもあまり意味がありません(>_<)
というのも、化粧品が浸透して作用を及ぼすことができるのは、角質層までだからです。

 

なので、真皮層以下のダメージを修復したいのであれば、美容皮膚科の門を叩くしかありません。

stockfoto_80438542_XS

美容皮膚科では、真皮層までケア出来る最新機器が沢山揃っています。
それがレーザー治療です。

 

例えば、フラクショナルレーザーやフォトフェイシャル。
フラクショナルレーザーは、レーザービームによって目に見えないくらい小さな穴を沢山あけ、熱エネルギーを与えながら細胞再生を促す機械です。

そしてフォトフェイシャルは真皮層の繊維芽細胞を刺激し、細胞の働きを活性化させます。

 

いずれもレーザーの熱エネルギーを利用して肌細胞の再生を図る治療なのですが、このレーザーによってコラーゲンを修復するのが一番効果的な場合があるようです。

確かに効果的なドクター系コスメなど今はいいものが数々ありますが、ことが真皮層に及んでいる場合は、サプリなどのインナーケアや美容皮膚科などのクリニックを頼ってみてもいいかもしれませんね。

>>>フォトシルクプラス

コメントを残す