表情ジワってどうなの?

Sponsored Link

顔の中には種類の一つに「表情ジワ」というのがありますよね。

 

笑顔やびっくりして眉を吊り上げた時の顔、しかめっ面・・・
このような表情を作ったときにできてしまうシワで、それがその場だけで戻らず跡がついてしまっているものです。

だから、存在する表情ジワというのは、いくつか決まってます。
○目尻の笑いジワ(カラスジワ)
○額の横ジワ
○眉間の縦ジワ


これらは、表情を作ったときにそれぞれの表情筋が必要以上に動くため、肌にストレスがかかってしわとなって残っているのだそうです。

 

でもそれだって、若い頃ならば肌の形状記憶力が働くから、表情を戻せば元のハリのある状態に戻って癖がつくなんてことはないですよね。。。( 一一)

それもこれも肌の真皮層にあるコラーゲンが長年浴びた紫外線により変性さしてしまったり、ストレスや生活習慣などで多量に発生した活性酸素によって、コラーゲンとエラスチンのつながりが壊されたから

その結果、真皮の水分量が失われ、肌の形状記憶力が弱まり、表情をつくる際にできるシワが戻らなくなった・・・というわけなんですよね(>_<)

 

ある程度は仕方がないということか・・・

とはいえ、同じわでも不機嫌そうなイメージのしわだけは避けたいですね(#^.^#)
表情ジワでいうなら、眉間のしわです。

 

普通、表情ジワを改善したければ「ボトックス注射」というプチ整形を行なうのが有効といわれています(ボツリヌス菌を注入することで、緊張して凝り固まっている表情筋を弛緩させるんですって)が、この眉間のしわだけはもしも目立つようなら取りたいですね。

自分の表情ジワはどこが一番目立つだろう?とみてみたら、幸い目尻だったので、自宅でのセルフケアで目立ないように改善を試みてみますが、もしも眉間だったら、即ボトックス・・・といったところでした(^^;)

それくらい、しわって与える印象を左右しますよ( `ー´)ノ

皆さん、笑顔で過ごしましょうね♪

コメントを残す