マッサージはやってはいけない目元のしわケア!?

Sponsored Link

目元のしわができる主な原因は、紫外線ダメージと眼精疲労といわれています。

その理由は、紫外線は肌の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンにダメージを与え減少させるからであり、眼精疲労は血行不良と筋肉の緊張によって乾燥と栄養不足を招くから・・・というものですよね。

ならば、眼精疲労に関しては、目元の疲れをマッサージによって解消できるような気がするのですが・・・

ヘタに目元をマッサージすることは、目元のしわケアとしてやってはいけないことらしいのです(゚д゚)!


なぜ???・・・と思いませんか?

 

目元のしわケアにマッサージがいけない理由
血行不良を解消させる方法として、マッサージは確かに目元以外では問題ないのですが、目元の場合は皮膚が薄いため、引っ張ったり、強く押したりすると皮膚が伸び、シワ・たるみの原因になってしまうそうです(>_<)
またマッサージの際に発生する肌摩擦が角質層を傷つけ、水分保持力を下げたり、真皮層のコラーゲン繊維や毛細血管にダメージを与えてしまうからだとか。


もともと薄い目の周りの皮膚が、強く力を入れることで血行が良くなるどころか、毛細血管が傷ついてしまうのです。

 

その結果としてシワができやすくなり、場合によっては刺激によって色素が沈着してクマや黒ずみのもとになってしまいます(>_<)

だから、「マッサージはやってはいけない」というのです。。。

 

では、目が疲れた場合のケアはどのようにしたらいいのでしょうか?
マッサージに頼らずに目元の血行不良を改善する方法・・・それは、目元を温めることだそうです。
  • ホットアイマスクなどを活用する
  • 蒸しタオルを乗せて目を休める
b74fd908a0e5bf34c42a3b0ed196e989_s

 

目元を温めると副交感神経に切り替わるため、リラックス効果もあるので就寝前にするのがオススメなんですって(#^.^#)
さらに、温めることで毛穴も開くので、そのあとに保湿効果の高い化粧水やクリームで保湿をすればシワの予防にもつながるそうです。

 

なるほど・・・って感じですよね(*^-^*)

目が疲れたら、思わず目元をグリグリ・・・とやってしまいそうですが、凝ったからってやみくもにほぐせばいいというわけではないんですね(^^;)

コメントを残す