しわ取りに注入するヒアルロン酸の効果

Sponsored Link

法令線や目元のしわが気になって何とか解消したいと思った場合、一番効果的なのが、美容外科などで行なわれるヒアルロン酸注入です。

cosmetic injection of botox to the pretty female face - close-up portrait

今は、メスを使わないこのような方法が「プチ整形」といって人気ですよね。
コラーゲンも同じように、しわが気になる部分に注入することでふっくらとさせ、しわが目立たない顔にする治療に使われるのですが、ヒアルロン酸はコラーゲンよりも柔らかく自然な感じに仕上がるため、とても人気なのです。

 

また、アレルギーの観点からもコラーゲンより心配がない・・・ということで、しわ取りの主流はヒアルロン酸となっているようですね。

 

なぜ、そもそもヒアルロン酸がこうしたしわ取りの注入用に使われ、しかもアレルギーの心配がないかといえば、もともと人間の体内に存在している成分だからです。
pixta_551676_S

それに、ヒアルロン酸の持つ保湿力が高いことにもあります。

 

そもそもしわができてしまう原因は、肌がカサカサに乾燥してしまうということにあります。
年齢とともに肌の水分量は減少するものですので、潤いやツヤが失われしまい、大きなしわが刻まれてしまうんですね(>_<)

 

このような肌に対し、ヒアルロン酸には水分を保つ働きがあるため、体内に取り込むことで水分を保持し、肌の保湿を促すことに繋がります。
ヒアルロン酸の水分保持力には素晴らしい効果がありますので、肌の保湿にとってもかなり有効なわけです(^^)v

 

しかし、クリニックでヒアルロン酸を注入する際には、注意しなければいけないことがあります。
それは、医師の技術力による失敗例がたまにあるということ。

 

例えば、均一にヒアルロン酸の注入がなされなかったために、肌に凹凸ができてしまったりもすることがあるようですし、最悪な例で言えば、誤って血管に注入してしまったことで細胞が壊死してしまったりという事故事例がありました(゚д゚)!

 

これらは明らかに医師の技術力のなさが招いた失敗ですよね。
・・・ということは、ヒアルロン酸注入を受けたいと思ったら、施術をお願いするクリニックを慎重に見極めなければいけないということなのです。

それには口コミやそのクリニックの症例数などを参考にしたいですね(*^-^*)

 

また、ヒアルロン酸は体内に存在する成分のため、時間の経過とともに吸収されて効果が失われていきます。
つまり、一度注入したからといって一生ものではないため、定期的にメンテナンスが必要になるということなので、その点も十分理解しておきたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す