顔のしわ治療に使われる「レチノール」という成分について

Sponsored Link

顔のシミやしわ治療に用いられる「レチノール」という成分は、効果が高い反面、何かと問題の多く使い方には注意が必要といわれています。

美容の専門家でもない私たちが、この難しい成分を使いこなせるのでしょうか?
効果が高いなら使ってみたい気持ちはあるのですが・・・

 

レチノールとは?

レチノールとは、ビタミンAの別名であり、肌の基底層に届いて働きかけることで次のような効果を発揮してくれます。
  • 肌の角質の代謝を促す
  • 繊維芽細胞を活性化させコラーゲンの生成を促進する
 

つまり、レチノールは角質の代謝を促す「ピーリング効果」で半強制的に皮膚を剥がしてしまうので、しわ部分の皮膚がなくなって下から新たな皮膚ができてきます。
これは浅く細かいしわに対して有効ですね。

 

もう一つは、年齢とともに失われていく真皮層のコラーゲンを生成することで増やし、肌のハリと弾力を取り戻します( `ー´)ノ

「コラーゲン配合よりレチノール配合の方がいい」といわれるのはこのためですね。

同じような働きをする成分としては、ビタミンEもあげられますが、効果の高さはレチノールが上といわれています。
故に、特に深いしわを改善したいならば、レチノールは上手に活用したいですね♪

 
レチノール活用の注意点
レチノールは非常に不安定な成分であり、空気に触れるとすぐに変質してしまい、肌に刺激を与えてしまうそうです。
故に、レチノールを使用する場合には次のことを守りましょう。
  • レチノールを塗るのは、日光を浴びる前の朝塗るのはNGです!ナイトケアに用いましょう。
  • 配合濃度の濃いものは、皮膚の薄い目元に塗るのはやめましょう
  • レチノールには催奇性が心配されているので、妊娠中の方は使用を避けましょう。
 

これらは全て、レチノールが「皮膚がめくれる」という副作用を内包していることが原因です。

皮膚の弱い人は、皮膚がぽろぽろと剥けてしまい赤くなることもあるので、様子を見ながら使用し、「皮剥けがひどいな」や「赤くなってるな」と思ったら使用を中止するようにしてくださいね。

コメントを残す