40代から必須となるしわケアについて

Sponsored Link

歳を重ねていけば、誰でもしわは自然とできてしまうものです。
これはどんなにスキンケアを丁寧にしていたとしても。

 

但し、いつしわができてくるのか、どの程度のしわができるのかについては、努力次第で遅らせることや軽くすることができます( `ー´)ノ

 

一般的には、30代前半から小さなしわができ始め、40代になると30代のうちにできたしわがさらに深くなり、肌にくっきりと刻まれてしまいます。

この小さなしわができ始める時にキチンとそのしわをなくすケアをするかしないかで、その後のしわのあり方に個人差が出てしまうんですよね。

 

できることなら、しわの少ない綺麗で健康な肌を少しでも長く維持したいですもんね(^^;)
それには細やかな観察とケアが必要になりますので、面倒くさがらずに行いましょう。

 

40代から必須となるしわケアの前段階

しわケアは40代からは必須になりますが、その前段階として30代以降に見られる細かな表皮ジワに対して、早期に気づき保湿ケアする観察が必要となります。

美容 イメージ

慌ただしい時間の中でサッと鏡を見る程度では見つけられない細かいしわに気づくことがまず必要なのです。
そして気づいたら集中保湿ケア( `ー´)ノ

 

この段階の小じわは、皮膚の浅い表面で起こる乾燥が原因のしわなので、その部分を集中的に保湿することでしわをなくしていきましょう。

そして40代に入ったら、若い頃と同じようなケアをしてもなかなか効果が得られなくなってきます。
いつまでも美しい肌を持ち続けるためには、40代の肌に合わせた解消法が必要になりますので、ケアアイテムや方法を少しずつ変えていきましょう。

 

40代のケア方法

40代に入ると、20代30代の頃よりも肌の保湿力が低下してしまう傾向があるため、潤いが失われ、カサカサした乾燥肌となってしまいます。
そのため、保湿力の高い美容液をたっぷりと使用することが大切です。

リプロスキン①

化粧水をただ肌につけるのではなく、柔らかいコットンなどに染み込ませて、顔に貼り付けてしっかりと美容液を浸透させるようにしましょう。

いわゆるコットンパックということですね(*^-^*)

 

洗顔をする際も、余計な脂分を落とさないようにするためにも、洗顔フォームは夜1回だけにして、朝は使わずにお湯や水のみで行うようにしても良いですね。

 

また、ただでさえしわが入りやすい目元は、目元専用のアイクリームを使ってあげると効果的です。

面倒だからと顔全体を画一的なケアするのはやめた方がいいかも知れませんね(^^;)

コメントを残す