日焼け止めは「SPF50」がいいの?

Sponsored Link

紫外線対策に日焼け止めは欠かせないいアイテム。
その日焼け止めは、「SPF20」とか「SPF30」とか数値が表示されて売られていますが、これらの意味とは何でしょうか?
そして、最も多く売られている「SPF50」の日焼け止めとは?

そういった日焼け止めの数値について、その効果などをまとめてみました。

説明する女性 表情 美容

日焼け止めのSPF値

日焼け止めに表示されている「SPF値」は、肌にサンバーン(=日焼け)をもたらす紫外線B波(UVB)をブロックする強度を表しています。
その最高値は50
なので、「SPF50」の日焼け止めは、UVB対策としては、最高の強度の日焼け止めなのです。

 

そのSPF値、数値の小さな5程度のものから50までさまざまな種類が販売されているのですが、できるだけ日焼けをしたくないという一心から、一番数値の高い「SPF50」を使っている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、SPF値が高いから良いというものでもないようです。
というのは、SPF数値が高い日焼け止めほど、肌への負担も大きくなってしまい、かえって肌にダメージを与える原因となってしまうことがあるからです。

 

紫外線吸収剤、紫外線散乱剤といった成分によって紫外線はブロックされているわけですが、これらの成分はそれなりに強くて、肌に乾燥をもたらしたり、肌荒れの原因になったり、肌への影響も大きいようなのです。

 

なので、SPF値は使う用途によって強度を都度選択するといいようです(#^.^#)
因みに、SPF50というのは、太陽からの直射日光がガンガンにあたる野外での活動を行なう人向けのもので、日焼け止めの成分もそれだけ肌に刺激があるものになっています。

 

日常生活で使う程度であれば、基本的にはSPF20~30程度で十分といわれていますので、何でもかんでも強いものを・・・というのはやめておきましょう(#^.^#)

560909600ebd13c78e02bbb8a9bdb713_s

また、日焼け止めを塗る際も、塗り方には注意が必要です。
必要な個所すべてにムラなくしっかり塗る必要がありますし、長時間屋外で活動する場合は、途中で塗り直しをしなければ効果が薄れてしまいます

 

結局、適切なものを選び、正しく使う・・・ということですね。

コメントを残す