spf50の日焼け止めは肌に悪いの?

Sponsored Link

日焼けを極力しないために、SPF50の日焼け止めを使っている人が多いですよね。

私も必需品かなと思い、長時間日差しの下で過ごす時には必ず使うようにしています。

 

実際、紫外線を浴びる事でシミや乾燥などの肌トラブルが起こるので、今は1年を通して日焼け止めを使う事が当たり前になっています。
でも、このspf50の日焼け止めが「肌に悪い」と言われてるんですよね”(-“”-)”

 

日焼け止めのボトルを見るとSPF20とか30、50といった数字が書かれていますが、これは日焼けが始まるまでに時間だそうです。
数字が大きいほど、日焼けが始まるまでの時間が長いということで、効果も高いと考えられます。
その分、紫外線ブロック効果の高い紫外線吸収剤など肌に負担をかける成分が使われていることも多く、それで「肌に悪い」と言われているようですね。

 

また、ウォータープルーフなど汗や水で落ちにくい仕様にしているものは、メイク落としの際にもオイルクレンジングなどで落とす必要があり、そこで肌に負担がかかる点も意味としては含まれているかもしれません。

kanngaeru

 

なので、日常の生活ではSPF50をつけるよりも、SPF20くらいの下地、ミルク、ファンで等を重ね塗りする方がずっと肌への負担も少なく、しっかりと日焼け予防が出来る・・・という説がありますね。

 

SPF50の単体で使うより、足し算してSPF50以上にする予防の方が効果的なのだそうです。

 

そういわれると、そうなのかなとも思い、spf50の日焼け止め1本に頼るこれまでの紫外線対策を見直さなければならないな・・・と思ったりしてます。

このあたりのこと、もっと勉強が必要ですね”(-“”-)”

スポンサードリンク

コメントを残す