保湿オイルとして知られている「スクワラン」の効果とは?

Sponsored Link

保湿オイルとして知られている「スクワラン」は、化粧品やサプリメントによく配合されているのを見かけます。
この成分は、肌にどのような効果をもたらすのでしょうか?

スクワランは、ワセリンと同じように「敏感肌の人の保湿ケアに最適」と聞きましたので、その効果について調べてみました(*^-^*)

美容・リサイズ

スクワランの効果

そもそもスクワランとは、深海鮫の肝油やオリーブオイル、ベニバナオイルから抽出した「スクワレン」という成分に水素を添加させたものだそうです。

ということは、動物性のスクワラン植物性のスクワランが存在するということですね。

 

形状としては無色の液体。
この「スクワラン」は、保湿剤「スクワランオイル」として化粧品に使われるほか、工業用にも利用されているそうですよ。

 

その効果には次のような点があるといわれています。

1.新陳代謝の促進
私たちの身体は、酸素が不足すると新陳代謝が滞るのですが、スクワランはその酸素を届ける役割を果たすそうです。
これによって新陳代謝は促進されるのだとか。

それに細胞の生成にもかかわっているといわれています。

 

2.保湿効果
スクワランには保湿効果があり、肌の乾燥を防ぎます。
そのため、クリームは保湿剤に配合されることが多いですね。

また新陳代謝を促進する作用=ターンオーバーを促す効果ということであり、シミやしわを防ぐことができるため、美肌効果があるともいえますね。

 

3.肝機能障害の改善
スクワランには酸素を届ける力があるため、各臓器の機能を高める効果があります。

故に肝臓も酸素補給によってその働が助けられるため、肝機能障害のある人にとっても改善がみられるということです。

スクワランがサプリメントに配合されるのは主にこのためですね(#^.^#)

コメントを残す