スクワランの使い方って・・・

Sponsored Link

スクワラン 効果でご紹介した通り、スクワランには新陳代謝の促進効果や保湿効果があるため、基礎化粧品としてのスキンケアに活用されます。

その使い方としては、次のような手順となります(#^.^#)

 

  1. 洗顔して汚れを落とした後、化粧水をつけます
  2. スクワランを1滴だけ取り、手のひらでしっかり伸ばします
  3. 両手で包み込むようにやさしくハンドプレスします
  4. 手にスクワランが残っていれば、首などのデコルテにまで伸ばして塗布します
 

スクワランには動物性のものと植物性のものがあり、純度によっていくつかの種類があるようですが、使い方としてはどれも同じだそうです。

スクワラン

上記のように洗顔後は先ず化粧水で水分を補給。
そのとき、顔も手もまだ濡れている状態で、スクワランを1滴手のひらに取り、しっかりと伸ばすのが効果的だそうです。

 

そして手のひらでじっくり馴染ませてから、面積の広い頬、おでこ、口周りや顎の順に塗布して行きます。
鼻は皮脂の分泌が多いテカりやすい部分なので、余った分を軽く塗るくらいでいいそうですよ(#^.^#)

 

ポイントとしては、最も乾燥が気になる部分に一番最初に塗ることなんですって(^^♪

水分と馴染ませて使用するのでスクワランは1滴で大丈夫です。顔に塗る場合、使用後、手に残ったら、首などにのばしてデコルテ部分も保湿しましょう。

 

先に純度について少し触れましたが、純度が高くハイクオリティーな「スクワラン」は、オイルとは思えないサラサラしているタイプなので、ベタつきといった不快感がありません

純度が高いことにより、酸化・変化しづらく、紫外線に対して油焼けの心配がないため、朝のお手入れにも十分使用できるということですよ(#^.^#)

 

だから、単に化粧水後の保湿剤としてだけではなく、スクワランパックやリップパックなどに使用できるとのことです。
なかなか便利ですね。

コメントを残す