保湿目的だけじゃないスクワランオイルの効果的な使い方

Sponsored Link

スクワランとは、主に哺乳類や植物などから抽出される「スクワレン」という水素物質を、添加させることで生成した成分のことを言います。

つまり、私たちの皮脂にある成分をもとに作られたものだけに肌馴染がよく、スクワランオイルは低刺激な保湿オイルとして年中季節を問わず人気なのです(*^▽^*)

 

しかし、スクワランオイルの注目すべき効果は保湿効果だけではないよう。
スクワランオイルから得られる効果は、「新陳代謝促進作用」と「浸透作用」が素晴らしいのだそうです。

 

だから、洗顔直後の清潔な肌に、まだ洗い立てでぬれている段階での使用が効果的といわれています。

汚れた状態での使用は、スクワランのせっかくの浸透作用が効果的に発揮されないとのことですので、毛穴汚れなどはキレイに落としてから使いたいですね(#^.^#)

 

その上で、軽くマッサージしながらオイルを使用することで、スクワランオイルの新陳代謝活性化の効果を最大限に引き出すことができるのだそうです。

af788cb12466a214d6cd36e1068ecf84_s

そして、他の化粧水を塗ってまたスクワランを使うというのもおすすめな使い方なんですって。
つまり、ブースターの役割としてスクワランオイルを使用し、最後に油分で蓋をする効果として使うということですね(#^.^#)

 

こうしたスクワランの効果を最大限に生かすためには、まず、スクワランオイルを選ぶ際は、できるだけ高純度のものを選ぶ必要があるといわれてます。

純度の低いものだと、酸化する可能性も考えられるため、紫外線にあたると肌に悪い影響をもたらしてしまう恐れがあるのだそうです。

 

やっぱり何を選ぶにしても「質」を考えなければいけないんですね。。。

コメントを残す