年齢によって異なるターンオーバーの周期

Sponsored Link

ターンオーバーについては、よく「28日周期」と表現されますが、これはあくまでも20代の健康な肌について述べた一般的な基準であって、実際には年齢や体の部位、また肌の状態によって周期は異なります。

 

特に、年齢におけるターンオーバーの周期の伸びは顕著で、同じ部位で比較しても、10歳違えば、かなりの日数が伸びることになってしまいます(>_<)

 

その目安は次の通りです。。。

<年齢別のターンオーバー周期>

  • 10代・・・約20日
  • 20代・・・約28日
  • 30代・・・約40日
  • 40代・・・約56日
  • 50代・・・約70日
  • 60代・・・約100日
 

いかがでしょうか?
これだけターンオーバーにかかる日数が年齢によって違うというのを目の当たりにすると、ちょっとショックですよね(>_<)

「歳はとりたくないな」と思ってしまいます。。。

顔のシミを気にする女性

ただ、そうもいっていられないのです( 一一)
ターンオーバーの周期がこれだけ年齢で異なるのだとすれば、化粧品やサプリメントの効果が表れる日数も年齢によって異なるのだということ。

 

つまり、たとえ同じころに同じ化粧品を新たに使い始めたとしても、その効果が表れるのは若い人ほど早く、年齢が高い人は若い人の倍以上の日数をかけなければ効果が感じられなかったりするということなんです。

 

だから、触れ込みで「使い始めて10日で違いがわかりますよ」とあった場合、20代なら10日前後かも知れませんが、私のような40代の者であれば、20~30日間ほど使い続けなければわからなかったりするということです。

早計に「これ効かないじゃない」なんて言えないということですね(^^;)

 

化粧品難民にならないように、これは覚えておかなければいけませんね。。。

スポンサードリンク

コメントを残す