ターンオーバーを乱さないための洗顔とは

Sponsored Link

美肌を保つのに大切なターンオーバー。
新しい細胞の成長とともに、古い角質が垢などとなって剥がれ落ちる肌の自然な生まれ変わりですね。

 

このターンオーバーが正常であれば、いつでもキレイな肌を保つことができますが、遅くなったり早くなったり不自然に乱れてしまうと、様々な肌トラブルの原因となってしまうんですね(>_<)

 


例えば、ターンオーバーが遅くなってしまうと、古くなった角質がいくつにも重なることで「角質肥厚」という状態を引き起こしてしまい、いくら良い化粧水などを使っても肌に浸透しなくなります。
 

また、これらの排除されなかった古い角質が毛穴に詰まると、黒ずみやニキビの原因になってしまいますね。。。

 
 

一方、ターンオーバーが早すぎても肌トラブルを招きます。
なぜならば、ターンオーバーが早すぎるということは、まだ成熟していない未熟な肌がどんどん表面に押し上げられてきて、角質層の細胞としてバリア機能を担当することになります。
 

すると当然、未熟な細胞は十分な機能を果たすことができず、肌はダメージを受けたり、乾燥してしまったりするわけですよね(>_<)

 

こうしたターンオーバーの乱れは、睡眠不足や血行不良、ストレスといった生活環境の乱れや間違ったスキンケアが原因と考えられます。
特に、間違ったスキンケアの代表的なものが洗顔といわれているんですよね。。。

stockfoto_84160035_S

確かに洗顔は、肌を清潔に保つ重要な役割を担っていると同時に、肌の潤い成分を洗い流してしまい乾燥を招く危険な行為でもあります。
肌にやさしい無添加成分の洗顔料を選ぶことはもちろんですが、正しく行なう泡洗顔や肌にダメージを与えないすすぎ方など、洗顔方法全般についても気を配って行なう必要がありますね。

 

これら洗顔料の選び方や洗顔方法については、乾燥肌 洗顔 おすすめで詳しくご説明させて頂いているので、よかったら参考になさってくださいね(*^-^*)

スポンサードリンク

コメントを残す