糖化とは

Sponsored Link

私たちのような40代を超える肌になると、毛穴が詰まっていたり黒ずんでいたりするわけでもないのに、何となく肌がくすんでいる・・・そんなことがよくあります(>_<)

その大きな原因となっているのが「糖化」といわれる現象。

 

年齢を重ねてくると、何かと肌トラブルは起きてくるものなのですが、それらを防ぐためには紫外線対策だけでは不十分!

「糖化」に対する予防策をとらなければ、冴えない顔色は一向に改善されることはないのです(>_<)

美容 イメージ

糖化とは?

徐々に広まってきてはいるものの、まだあまりなじみがない「糖化」。
一体どのような現象のことをいうのでしょうか?

 

糖化とは、体内にあるタンパク質が、食べ物から摂り入れた糖と結びついて変色してしまう現象のことであり、老化物質であるAGEs(エージーイー)を生成してしまうのだそうです。
これは、劣化タンパク質とも呼ばれるもので、肌や髪の老化をもたらす厄介なものです。

・AGEsが肌に蓄積されると→肌は黄ぐすみを起こし弾力がなくなる
・AGEsが血管に蓄積されると→動脈硬化のリスクが高まる
・AGEsが骨に蓄積されると→骨密度が低下する


 

こうした「糖化」・・・例えていうなら、炊き立てのご飯をそのまま放置していると、茶色っぽく変色してしまう、あの状態がまさに代表例だとか(゚д゚)!

私たちの身体は主にタンパク質から作られているため、糖質を多く摂取してしまうとこういうことが起こってくるんですね(>_<)

 

糖化の予防策

では、この糖化を未然に防ぐためにはどのようなことをしたらいいのでしょうか?

 

それは、シンプルに「糖質の摂取を抑えること」です。
言ってみれば、「炭水化物ダイエット」に象徴されるような糖質制限。

 

極端に炭水化物を摂取しないようにすることは、不健康ですし、ダイエット臭 対策でご紹介したようなダイエット臭を発する原因となってしまいます。

なので、まずは糖質の過剰摂取を控えること。

 

そして、質の良い睡眠をとることが効果的な予防策になるのだそうです。

睡眠をしっかりとれば、ホルモンバランスも安定し、肌の代謝機能が高まるため、老化物質AGEsが排出されていきます(*^-^*)

これも糖化を食い止める「抗糖化」の方法の一つといえますね。

コメントを残す