自分で心がけることができる「抗糖化」とは?

Sponsored Link

私たちの身体を錆びつかせ、様々な病気の原因となり得る活性酸素については、その有害さが広く知られるようになったため、「抗酸化」という言葉の認知度は上がり、そのための対策を行なう人は増えてきました。

 

ビタミンEやアスタキサンチン、水素などの抗酸化物質をサプリメント等で積極的に摂り入れようとするのは、まさにその表れですよね(*^-^*)

5d9d5388e0b3965340134a789519ee89_s

しかし、アンチエイジングの観点から言えば、実は「抗酸化」と同時に問題視しなければならないのが「抗糖化」だとか(゚д゚)!
若々しさと健康を保つためには、「抗酸化」だけではなく、「抗糖化」も必要な対策なのです。


 

「抗糖化」のための具体的な対策とは

「糖化」という現象になぜ対策が必要なのかというと、単に肌にくすみができるから・・・といったレベルの問題ではありません。

糖化は血液中の糖の濃度が高くなることを意味するため、厄介な成人病である糖尿病を引き起こしてしまうからなのです(>_<)
そして、その糖が体内のたんぱく質と結合することで変質し、AGEという老化物質に変わってしまいます。

 

糖化とはでご紹介したように、体内のたんぱく質と糖が結びつくことで発生するAGEが体内に増えれば、動脈硬化が進んだり、骨がもろくなったり、肌が荒れたり、白内障、非アルコール性脂肪肝、さらにはアルツハイマーのリスクになったりしてしまうのです。。。

stockfoto_80438542_XS

では、「抗糖化」対策のためには、具体的にどういうことをすればいいのでしょうか?
ちょっとした心がけでずいぶん違う結果が得られるといわれていますので、自分でできる行動について整理しておきましょう。

 
  • 炭水化物は控えめに>スイーツの糖分はさらに控えめに!
  • AGEが多く含まれる食品(揚げ物、ファストフード、お菓子)は食べないようにする!
  • 飲み物は抗糖化作用のあるお茶(緑茶、ウーロン茶、プーアール茶、ドクダミ茶、甜茶)にする!
  • 血糖値を上げにくい低GI食品を多くとるよう心がける!
  • 食べる順番は野菜(食物繊維)→肉(タンパク質)→ご飯(炭水化物)の順番を守る!
  • 食後に軽い運動をする!
  • 睡眠は6時間は必ず取る!
 

ちょっと甘いもの好きの女性には厳しい内容なのですが、これを心がけるのと心がけないのとでは全然老化の進行が異なってくるそうです。

美容と健康維持のためには、やはり努力しなければいけないんですね(#^.^#)

コメントを残す