Tゾーンのテカリの原因をもっと詳しく追究すると・・・

Sponsored Link

顔の額から鼻にかけてTの文字のような部分をTソーンといい、思春期ニキビができやすい場所として有名ですよね。

 

ニキビを作らないためにも適切にケアする必要がありますし、大人になってからはテカらないように皮脂をコントロールする必要があります。
この部分は、顔の中でもとてもメイク崩れがしやすく、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

頬や口周りは乾燥してカサカサなのに、Tゾーンだけはベタベタして、綺麗にメイクしても数時間後にはテカリが気になることも(>_<)
もっとひどい場合は、このTゾーンだけがファンデーションが落ちていたりするんですよね。。。

 

このように、部分部分で肌質が違うお肌を混合肌と呼んでいます。
年齢肌にはこういう混合肌が目立ちますね。

 

このTゾーンのテカリって何が原因なのでしょうか?

 

Tゾーンのテカリの原因

Tゾーンは元々皮脂腺が多く、ベタつきやすい部分ではありますが、皮脂が多く出る原因はお肌の乾燥です。

乾燥には水分の不足と油分の不足という2つの面がありますが、まずはお肌の水分が不足し、乾燥した状態になることで、脳が皮脂の分泌を促し、お肌を守ろうという機能が働きます。

他の頬や口周りがカサカサになるのは、Tゾーンのような皮脂腺が少ないからなんですね。

 

また、水分だけでなく、皮脂を取り除き過ぎると今度は油分の不足により乾燥状態と判断され、またまた脳から皮脂の分泌指令が出ます。

これは結局、皮脂対策のつもりで皮脂を取りすぎたために、かえってさらなる皮脂を招いてしまった・・・という悪循環になるということなのです(>_<)

 

スキンケアを間違えると肌が乾燥するというのは、こういうことでもあるんですね。

なので、Tゾーンのテカリが気になる方はとにかく、保湿を丁寧にすることが大切です。

af788cb12466a214d6cd36e1068ecf84_s

ビタミンC誘導体などの抗酸化力の高い成分の入った化粧水を使い、過剰な皮脂分泌を抑えたあと、セラミドやヒアルロン酸など保湿、保水効果の高い成分の美容液などを使ってしっかり保湿しましょう。

コメントを残す