毛穴の開きには「ウィッチヘーゼル」がいいといいますが・・・

Sponsored Link

皮脂を抑える作用と同時に、収斂作用もあるウィッチヘーゼルは、脂性肌のスキンケアには人気のアイテムですし、毛穴の開きを治すには定番の化粧水とされています。

独特の香りがあるので、好き嫌いが分かれるようですが、それでも愛用している人は多いですね(#^.^#)
%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%98%e3%83%bc%e3%82%bc%e3%83%ab

特に収斂作用においては、毛穴の開きが気になっている方がキュッと毛穴を引き締めるためによく使用されているのですが、もしもその毛穴の開きが加齢による乾燥からきている場合には、ウィッチヘーゼルの使用が逆効果となる場合があるので注意が必要です( `ー´)ノ

 

なぜなら、ウィッチヘーゼルは皮脂を抑えることからもわかるように、肌の乾燥を招いてしまうからです。
収斂化粧水には、アルコール成分もたくさん含まれているので、アルコールが蒸発する際に、顔の油分や水分を一緒に持って行ってしまうんですね。。。

 

しかし、年齢肌の毛穴の開きは、主に乾燥が原因となっています。
肌表面の角質層の乾燥もしかりですが、その下の真皮層も乾燥が原因でコラーゲンが失われ肌がたるんでしまうのも毛穴の開きの大きな原因となっています(>_<)

 

そんな肌にさらに乾燥を招くような化粧水を使ってケアしていると大変ですよね(゚д゚)!

顔のシミを気にする女性

なので、そんな年齢肌の毛穴の開きに対しては、ウィッチヘーゼルのような収斂作用ではなく、保湿することによってケアしてあげましょう

 
そんな保湿重視の毛穴化粧品について、どれを使ったらいいか迷う場合には、こちらのサイトに詳しい情報が載っていますので、ぜひご参考になさってください♪

毛穴の開きを治す化粧品 ランキング

 

毛穴の開きケアにウィッチヘーゼルを使用するのは、20代の若い肌。
ここを間違えないように覚えておきたいですね(#^.^#)

コメントを残す