ユーグレナに含まれる驚きの栄養とは?

Sponsored Link

ユーグレナ(ミドリムシ)は奇跡の微生物として美容・ダイエット業界から注目を集めています。

ユーグレナは、ミドリムシといっても虫類ではなく藻類の一種に分類されています。

藻類であり、葉緑体を持つミドリムシは光合成まで行います。



ユーグレナには59種類もの豊富な栄養成分が含まれています。

体に必要な栄養素を網羅している奇跡の微生物ユーグレナについてご紹介させていただきます。

 

ユーグレナの栄養価は?

ユーグレナには59種類の栄養素が含まれています。

ユーグレナだけで植物性と動物性の多様な栄養素があり、体に必要とされる種類のほとんどをバランスよく摂れるのです。
  • ビタミン14種類:生理機能を調整し、代謝をよくする
  • ミネラル9種類:体液や神経の動きを調整する
  • アミノ酸18種類:筋肉・血液・骨・臓器・酵素・免疫物質を作る
  • 不飽和脂肪酸:脳の働きを高める
これを見るだけでも青汁よりはるかに栄養価が高いことが分かります。

 

現代人に不足しがちな亜鉛も含まれているので栄養バランスがとてもいいです。

亜鉛不足は、男性不妊や皮膚炎・脱毛症・味覚障害など原因となります。

 

ユーグレナには細胞壁がなく、動物細胞の特徴である細胞膜で構成されているので栄養の吸収率が93.1%とかなり高くなります。

バランスのいい栄養を効率よく摂ることが出来るのでダイエットの栄養補給にもおすすめです。

 

そしてパラミロンというユーグレナ特有の成分が、体に溜まった老廃物を体外へ排出するデトックス効果があるので便秘解消やコレステロールを下げてくれる働きもあります。

代謝がよくなることで、美肌効果や免疫力アップなども期待することが出来ます

 

ユーグレナの持つ栄養素を他と比較してみると・・・

ユーグレナと同じ藻類の一種、クロレラとはどれぐらい栄養素が違うのでしょうか?

ユーグレナには59種類の(動物性・植物性)栄養素とパラミロンというユーグレナ特有の
デトックス効果のある栄養素があります。

 

クロレラは成分の半分以上60%が良質なタンパク質(アミノ酸スコア100)から出来ており、その他に18種類のアミノ酸・14種類のビタミン・11種類のミネラル・14種類の脂肪酸・ルテイン・クロロフィル・食物繊維・フィトケミカル(植物栄養素)・CGFなど多くの栄養を含んでいます。

タンパク質を中心とした栄養を豊富に含むクロレラはもちろんおすすめ健康食材です。

 

特にタンパク質が不足している場合はクロレラを摂取することをおすすめしますが、バランスや栄養素の多さ、ユーグレナ特有の成分パラミロンの機能性や栄養の吸収率が93.1%と非常に高いことを踏まえて考えるとユーグレナの方がおすすめです。

 

最近、酵素風呂の効果に注目していまして、酵素風呂を自宅で手軽に試せる入浴剤を買ってみましたので、良かったこちらも一緒に読んで下さいね♪

コメントを残す